grapetown's daiary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAPETOWN'S DIARY 2nd

一口馬主、おでかけ、アウトドア、過去の経験などの雑記です

タックルハウス オルガリップレスでメバルが釣れた時の使い方を簡単に

釣り
スポンサードリンク

f:id:grapetown:20161023114225j:plain

お気に入りのルアーの1つ、
タックルハウスオルガリップレスですが・・・

実はメバルがプラグで確実に釣れるようになったのはこのルアーが最初です。
今までは何となく使って釣れず、プラグで最後まで通せずに、ジグヘッドやフロートリグにチェンジすることが殆どでした。


でも・・・いやいや、ホントに、このルアーともう一つありますけど、それを使ったら楽しくて。

他プラグはもちろんですが、ワーム装着の頻度が激減。
そんなレベルの私でもメバルが釣れたオルガリップレスですが、こうやって使ってます。間違えてるかもしれませんけど、釣れたんヨシとしましょう。

使い方は・・・シンプルにタダ巻です


速度は限りなく一定で、変にアクションは無い方が絶対に良いと思います。
あとはカウントダウンさせずに、水面直下30センチくらいをイメージして、水面下一定の深さををキープして巻いてくる。これだけでした。

あとはロッドを立てて巻いてくる。これが結構大事かもしれません・・・、ロッドティップを下げて巻いてくると釣れなかったんですよね、同行者も同じことを申しておりましたし・・・。

 はい、ホントにこれだけでした。

※忘れてました、お気に入りのカラーは・・・ クリアーとアミクリアーです。。。
アミカラーは春の日本海で良くバイトしてきました。夜なので色がメバルから見えているのかどうかは不明ですが、とりあえず釣れました。
何だか最近、メバル用のハードルアーのラインアップがクリアーばかりになってきました。

 

スポンサードリンク