grapetown's daiary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAPETOWN'S DIARY 2nd

一口馬主、おでかけ、アウトドア、過去の経験などの雑記です

ティムコさん レッドペッパーBABYで釣れた時の状況

釣り
スポンサードリンク

このルアーを購入したのは・・・たぶん20年くらい前かもしれません。
ず~っと昔からあって、使ってはいたのですが何故かロストもしませんでした。

0009

発売当初はバス釣りを楽しんでいた時期で、毎週のようにバイク系の友人と加古川、明石方面へ車で出かけてました。

0008

スナップ無しで何にもせずにロッドティップを動かすだけで、勝手にルアーが面白いように動いてくれました。
しかも飛距離も重心移動システムでめちゃくちゃ飛ぶ・・・。
沖の方でバコッとか水面を割った瞬間はテンション上がってました。

その後、バスからソルト系に目が向き始め・・・。
シーバスからスタートした世代で、シンキングミノー、レッドヘッドというところだけで楽しんでいたところ、バチ抜けという春先からよく釣れるパターンが拡がってきました。

当然これも出動しましたが、ネット仲間で大会した時に、使わないミノーやワゴンの格安ミノーのリップを折ったやつで普通に釣れてしまった事が発覚。
それ以降使用頻度は減っていきました。

まあ、バチ抜けシーバスでは、お仲間さんと『エンピツ』や『いかに安いルアー』で釣るという、別の次元の遊び方で楽しんでいましたから、普通に良く動く出来たペンシルは使わない方向になってました。
バチ抜けに関しては、ペンシルでもミノーでも水面を『ノ』の字を書くように引っ張ったら釣れた・・・ことが多かった記憶があります。

バチの種類にもよるんでしょうけど、長いタイプが泳いでいる時は一度お試しを。
昔も今も釣れるパターンは変わらないと思いますし・・・。

ティムコ レッドペッパーBABY RPB−285 ギンアユ
価格:1632円(税込、送料別) (2016/10/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

で、最近は夏のメッキさん用のトップゲームで復活です。
ただ波が少しでも大きかったり、風で水面がざわついているとどうも良くないですね。
波があると、なかなか魚が出てきてくれませんし、水面がざわついている時もアタックしてくるのですが、ルアーから離れた場所で水面を割ってきました。

あと、河口で川の流れがあるところでもルアーに当たってこれないようでした。
腕のせいもあるかもしれませんけど、コイツにメッキさんが出る条件は限られてるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

 

広告を非表示にする