grapetown's daiary

GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

広告代理店 新しいブーム、流行を作れないのでは?と思った。

スポンサードリンク

あまり好きなネタでは無いけど…CMで効果はあるのだろうか?

昨年末からやたら急にメディアに登場したあのタレントさん、一気に携帯やバイトなどのCMにも起用されています。うちの子ども(小学生)と話していたんですけど、既に学校では話題にならなくなっているとか…。

国内でブレイクしてから海外に広がったのならまだしも、海外で火がついてから国内が追いかける形ですよね?


確か…、違いましたっけ?

ちなみに私はワイドショーなんかで取り上げられるまで全然知らなかったのですが、子どもや学校の同級生は知っていたみたいです。

 

CMに起用した狙いを考えてみました

 

スポンサードリンク
 

 

おそらく話題になるし、あのピコポコした音楽…耳に残りますね。
で、もってあの言い回し…、確かにCMにはもってこい…! 

 

テレビだけではなく、国内のメディア(ネット以外ね)の発想力、企画力の弱さがめちゃくちゃ出てる気がします。

海外でも人気が出て、国内でもワイドショーやバラエティ番組に出て人気沸騰、ヨシCMだっ!てことなんでしょうか。

 

と、考えるテレビ業界の単純さなのかなとちょっと思ったりそうでなかったり?

 

喋りのほうもなかなか面白いと思うのですが、どうでしょうね?

既に子どもにはあきられ始めているので、あの曲での効果はそんなに続かないような気がします。


逆ににトークでの面白さ、切り替えし、突っ込まれた時の返しなどの対応の良さがとても面白いなと思ってテレビを見ています。


大御所的なタレントさん、バラエティの大物司会者などのやりとりもなかなか軽妙で面白いしんじゃないか…と。

そういった起用法でCM使ったほうが印象に残る気がするんですけどね。


あの同じパターンでしかCMを制作できない、代理店がダメなんじゃないかと…。
各社のCMを同じ代理店ではなく、制作会社が創ったんでしょうけど、企画とか方針は大手代理店なのかな・・・? 良くは知りませんけど。


何か、もうピコ太郎さんを起用してあの曲を流しながら、あの歌詞を企業のPRでやればウケる、耳に残る、効果が出るという判断。旬なワケですから間違いでは無いんでしょうけど。

動画配信で海外で火が付く前に見つけてれば…まだね

 

●PR

 


でもって、何が残念かと言えば・・・
要は国内のタレントが動画サイトで発信していたわけで、海外で活動していたって事ではないところに、海外で話題になり人気が出てから代理店が乗った形。


うん、その話題性、タレント性、効果などを代理店は見つける事は出来なかったということ…。

 

一番流行やトレンドに敏感でないとダメなんじゃないのかな?
広告代理店って。
そういえば過剰な勤務、業務で問題になっていたのも広告代理店、そこまでお仕事させていたのに、海外の有名な人から火が付いて完全に後追いですよね。

以前の職場でメディアの形は違いますが代理店なる業者との取引もありましたが、もう最低でしたからね。


あ、全ての関係者って事ではないので念のため…言っておきますね。

自分のテリトリー以外のところ、モノがあって始めてお金儲けできるのに、何故か自分たちがすべてを動かしているみたいな態度。

例えば広告…。テレビ、本においても広告を出す企業があって、それを載せるメディアがあって初めて商売が成立するのに、やたら立場が強かった代理店。


イベントの企画でも何でもそうでしたけど、お金が集められると思うとズカズカと乗り込んできて主導権を握り、盛り上がりが覚めてくればサッと手を引く。


お金儲けなんで良いですけどね。。。広告にしろ、イベントにしろキャンペーンでもそう、扱うモノ、ジャンルが売れようが盛り上がろうが関係無い、もう自分の懐だけが潤えば…。

 

何であれだけ力持つんだろうなぁ…って考えてみました。

人任せにするから…?

 


いろいろ少ない思考力で考えた結果、イベントにしろ広告にしろメーカーが自分のところで考えない、考える余裕(人、金銭的)が無くなっているのかな?


また、広告を出してもらう側も自分で制作せずに、下請けや外注先に媒体商品を作ったりする。


どっちも人任せにするからじゃないのかな?と思ったり・・・・。

いずれにしても私は代理店とか問屋という立場の方が苦手です。


ちなみにうちの子に長期間にわたりウケているのは、吉本新喜劇の茂じい(辻本さん)です。

search.yoshimoto.co.jp

吉本新喜劇オフィシャルサイト

スポンサードリンク