grapetown's daiary

GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

やって当然と思われるより、結果で感謝される仕事をしたいと思うこの頃

スポンサードリンク

f:id:grapetown:20170330235042j:plain

サラリーマンの仕事、いろいろ面倒なものが多いですよね。
その中でも会議や企画の資料作りって、悪かった成績、数字を少しでもマシに見せるために加工し、それを元に報告する。

報告も何も、数字で出てるんだし無駄に報告会してる間に他の仕事やったほうが? と、いつも嫌々会議とか打合せ(社内のね)に出てました。

スポンサードリンク
 

決まらない、先送りばかり…何かをやったという自己満足ための会議は不要だ

昨日、企画の提案でお邪魔した取引先の担当さんとのハナシの中でも、先を考えての会議の資料作りならまだしも、悪い数字を突っ込まれなくするような資料作りで無駄な時間取られますよねとか、結局何も決まらなかったり、次の会議に結論をとか先送りに…、いつ決まるんでしょうね? とブツブツ言いあってましたよ。

結局、集まって何かを話し合ったという実績だけで、方針、方法、対策が決まったこともなかったし、人が増えれば増えるほどたくさんの案、思いが出てくるので何にも決められない、決まらない…。


だから、過去の数字の報告会と机上の計算での目標発表会になってたのかもしれません。

 

 

昔の取引先の方がSNSで書いていたのを見て、気をつけたいなと思ったこと

仕事で以前絡んだ人がSNSで発信したのを見つけたんですが、どうもその方フリーランスで活動されているようです。
その方が書かれていたのは、会議や打合せ、取引先に対して作った資料で感謝された事は無く、当然と思われていたことが納得いかないようでした。

 

そのあたりは良くあることかなとは思いますけど、当然と思われるかどうかは資料を用意する理由だと思います。

 

取引先、会社の上から言われて作った資料等は感謝されなくて当たり前、当然だと思われるのは普通の事だと思います。
それに対して、取引先、上から言われるまえに自分でいろいろ考え、分析するなどのために資料を作って、相手にぶつける…、投げる…。


すると社内的にはぶつかったり、無視されたり、手柄持って行かれたりするときもあるので、ココっていうときまで出さないようにしました。
取引先に対しては、資料を先に作ったり、こういうデータから資料作って持ってきます…というパターンにすれば、結構感謝された事は多かったです。


つまり、言われてから何かを作れば当然で、言われる前に何かをやっておけば感謝されるかもしれないし、されないかもしれない。

という事に気がつくのがかなり遅くなり、今のぐうたらな社会人になってしまったのでしょうね。

 

社会人経験の年数の少ない人は、気持ちだけでもそういうスタンスでやっておけばそのうちに何か良いことがあるかもしれない…とは絶対に言い切れない世の中なのが辛いかな…。

 

 

人の振り見て我が振り直せ ではないけど…。

ことわざである、人の振り見て我が振り直せ ですけど、他の人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよ…ですから、良いところは見て、悪いところは自身で注意。

そう、上記の事から感謝を要求ではなく、当然と思われることが納得できないではなく、仕事で何かをする時に相手の求めるところ、事柄、行動を言われる前に考え、最善のことをしていけば…なかなか難しいですけどね。

そのあたりを意識し、仕事をしていけば何かそれなりに結果は出そう…かな?
いや、出るといいな… ^^

スポンサードリンク