GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

ハムスター、飼育ケージと水槽どちらか選ぶなら掃除が簡単な方をおススメします

スポンサードリンク

ンションは犬、ネコを飼うことが禁止!!
ハムスターなら飼えた経験から金網タイプのケージと水槽どちらが良いのか

以前書いたブログネタ、引っ越しについでに少し書き足してみました。

f:id:grapetown:20161103180856j:plain
↑野良寝中のねずみさん

今住んでいるのがマンションで、猫を飼いたいという子どもの希望はあるようなのですが、一応規約でダメなのでハムスターを飼う期間がありました。


実は子どもが生まれる前にも3匹ほど飼っていたのですが、当時はセット販売されていた金網式のケージを使っていました。

 

ただ、やたらと金網をガジガジ齧ったり、よじ登ったりして足が挟まれて怪我しないか心配だったり・・・。

それに牧草が飛び散ったりしてましたし、一度大掃除で水洗いとかすると乾くまでやたら時間がかかったり・・・。

こういう状況だと子どもさんがお世話するとなると、途中で嫌になったり、面倒になったりするとそれは少しかわいそうかなと・・・。


ケージの時は週一で洗い、乾燥させたりと3つになると結構時間と手間が…正直なところ大変だったんです。


そこで思い切って60cmのガラス水槽に変更したのですが、コレがなかなか良い感じでした。



スポンサードリンク

 

 

水槽だと掃除がめちゃくちゃ楽。もっと早くケージから変えれば良かった

ケージだと金網を外してから、一旦パーツを全部バラバラにししてから水洗いを行った後に乾燥させるのですが、この手間が結構かかるんです。
しかも3セットあったので結構時間がかかりました。


床材にひいていた牧草を全てゴミ袋に移し、飛び散らないように処分してから風呂場へ移動して水洗い、そして専用においてあるタオルで水分をふき取り、再度組立てて新しい牧草を引いて掃除終了です。


その他にトイレや寝床、餌箱も全部洗いますがケージの金網が洗った後、乾かすのも時間がかかってしまいます。


ねずみさんが、伸びた歯をかじり木ではなく金網をガシガシされるので塗装が剥げてきてしかもベタベタになってましたよ。

ケージを置いてあるリビングから風呂場への移動の時、牧草が落ちていったり、風で飛ばされたりしますから、最後に部屋全体の掃除機がけも必須でした。

 

その点、水槽だと水洗い後に乾いた布、ティッシュなどで水気を取るだけ。
うちはトイレットペーパーでやって、その後トイレに流していました。

 

多少重いのが難点でしたけど、60cm水槽だと金網ケージよりも面積は広いので、ハムスターさんにとっても動き回れて良かったところもありました。

 

 

水槽だと、いろいろな遊び道具のセッティングも…並べるだけ。

床材については金網ケージの時は牧草を敷いて、その上にエサ箱、ねぐらなどを設置していました。
そうすると、牧草の中にコロコロうんちがたくさん、食べそこなったごはんが一杯。
そして何より窓を開けたりしていると、牧草が飛んだり、粉が飛んだり・・・。

ケージを設置していた回り、ほぼ毎日牧草が落ちてました。

 

水槽でも当初は新聞紙を床材にし、その上に牧草を撒いていましたが途中からは、新聞紙のみ・・・。

 

金網ケージだと側面、天井部分にまでよじ登るので、落ちたりするとやはりクッション性のある牧草の方が良かったんだろうと思います。

 

水槽だと・・・よっぽどの脱走騒ぎを起こさない限り天井には届かずですから、新聞紙を引くだけで十分だったかなと。

見栄えは・・・微妙ですけどね。

ねぐらに持ち込む分切れ端は、自分で作業されたりもしてました。

 

交換は床にひいた新聞紙をそのまま折りたたみ、ゴミ袋に入れた後、ハンドクリーナーで埃、ゴミを吸い取りそのまま風呂場へ移動して水洗い、そしてタオルで拭いて終わりです。

 時間も半分以下ですみますし、牧草を買いにいく手間もなくなりました。


水槽だと足を引っかけたりして怪我の心配もありませんから、新聞紙を床に伸ばすだけでしたが問題は特にありませんでした。

給水ボトルから水がっこぼれたり、トイレまで間に合わずしてしまったら、その都度交換できますし、コストも基本捨てる古新聞ですから格安。

 

ホント見栄えだけです。



スポンサードリンク
 

水槽内の設置物は寝床、トイレ、回し車、餌箱、給水ボトル

床材は新聞(朝刊1日分くらい)を水槽の底に置くだけです。
あとはハンドシュレッダーで新聞紙を適当に細切りにして、ばらまいておくと勝手に自宅に持ち帰って寝床を作ってます。

トイレの方ですが、ケースの中にペーパータイプのトイレ砂を敷いていました。
固まる砂だと水槽内が砂だらけになったりして掃除が面倒になります。

給水ボトルも気をつけないと、あっさり上ってきて脱走しますので注意しなければなりません。うちも一度テレビの下からこんにちは…、が一度ありました。

通販で探せなかったのですが、近所のペットショップで金網タイプの水槽のフタを見つけ、それを使用していました。


●ハムスターのねぐら


マルカン ゴールデンハムスターのおへや(陶器製)

このねぐらにちゃんと入って寝る事が多かったです。
ハンドシュレッダーで細長くした紙をワシャワシャと柔らかくしておき、水槽の中に入れておくと、自分で部屋に持って入って寝床を一生懸命作ってました。
掃除の度に全部出されてしまうんですけどね ^^

 

●三角コーナートイレ


マルカン ゆったりコーナートイレ

個人的には入口が一か所の方が良いかなと。
中に入れる砂ですが、紙のタイプの砂のほうが掃除は楽でした。

●サイレントホイール


三晃商会 SANKO サイレントホイール17

回し車、コレを失敗するとすぐにカラカラと音がして、元気に走ってる事が良く分かりますが、寝れなくなります !(^^)!

 

ハムスターさんをおうちにお迎えする必要品をセットではなくバラバラで購入すると…

水槽60cm、サイレントホイール、トイレ、ペーパートイレ砂、エサ箱にねぐら用の陶器できたハウスがあれば十分ではないですかね。

 

水槽で買う前は金網ケージでしたが、床材に牧草をひいていましたが、床材として使った牧草をはある程度の期間で交換する必要がありました。

 

牧草の中にコロコロうんちを撒いて回るので、最低でも週一以上の掃除を行い、その都度全交換してました。

 

 

 


ハムスターさんの場合、コロコロうんちは小さいので牧草に紛れてしまい、掃除をするたびに一杯でてきます。そういうワケですから、掃除のタイミングが遅れてしまうと大変です。


たまに床に転がる黒いものがコロコロしてたり…。怒ってもねずみさんには伝わりませんから、黙って掃除するのみです。

ケージを買う金額と変わらないかもしれませんが間違いなく掃除の手間は…水槽だと楽です。それとガラスなので、金網に脚を挟んだりして怪我の心配も少しはマシかもしれません。

 

掃除などお世話が面倒にならない飼育グッズを選んだほうが良いです

昔のブログから引っ越してきた記事でハムスターネタが少し残っていたので、水槽のセッティングなどは少しですけど参考にしていただるのでは…。しかし、画像が適当ですが・・・。当時は携帯のカメラで適当に撮ってたので。

そうそう、水槽で飼う場合の回し車は一手間必要かもしれません。金網に固定する場合だと問題ないのですが、水槽の底に置くだけになりますから、何かのはずみで倒れたりしてハムスターさんの上に乗ったりしてもダメなので、私はホームセンターで木を買ってきて、回し車が動かないようにストッパーを作って置いてました。

 

こちらにその画像が残ってました。
f:id:grapetown:20161030181428j:plain

コレをしないと倒れたり、ねずみさんの動きで回し車が移動してガラスに当たって「カタカタ」と音がして寝れなくなります(笑)。

 


飼い方は色々ですし正解はなかなか無いと思いますが、せっかく自宅に迎えたハムスターさん(に限らず)のお世話が面倒になったり、嫌になったりしないような形をまず考える方が良いと思います。

 


ペットショップに行くと2階建てとか、やたらパイプの多いケージなどもありますがほぼ確実に掃除が面倒で嫌になります。

特に面倒を見るのが子どもさんならなおさら・・・かな?



逆にパイプならトイレットペーパーの芯や、ラップの芯を入れた方が安上がりですし、それでも十分遊んでくれますから。



どこかのサイトで見ましたが、確かに二階建ての飼育セットや、パイプなどで複雑な作りになっているのも良いのですが、今あるもので十分お迎えできるような気はしますからね・・・。

なので・・・必要最小限のグッズで十分だったと思ってます。


 

小さいハムスターとはいえ、慣れてきたり(たぶん)、人の気配を察知すると「ごはんちょうだい」アピールとかめちゃくちゃかわいいです。

 

そうそう、忘れてました大事なこと。
水槽で飼う時にフタをどうしようかと思いますよね?


ガラスのフタだと万が一落ちたりしたり、割れたりって心配ですし、夏場に暑すぎたりしないかとか・・・。


で、私が使っていたのは爬虫類飼育用(?)の網タイプのフタです。



スドー ハープクラフト ハープネット60 爬虫類両生類ケージ用ネット

 

網タイプの水槽用フタ【楽天市場で探す】

 

これ、空気の循環も問題ないですし、暑さ、寒さへの対処も問題なく・・・。


ただ、ハムスターさんが小さい時に身軽さから、サイレントホイールからよじのぼって、脱走されて子どもとテレビを見ているときに、テレビ台の下から「どうも~~っ!」という感じでご挨拶を・・・ ^^



成長すると体が大きくなり、登れるところも限られるんで大丈夫でしたけど。

 

 

まとめ…です
湿気がいろいろ気になるという説明もありますが・・・ワタシがまたハムスターさんを飼うならば水槽を選びます

水槽で飼う時に湿気がこもる・・・というのも見かけます。
うちでは新聞紙の感触(しわしわになったりする時)、見た目に水がこぼれたり・・・そんな時にはすぐ交換。

多少の湿気であれば、逆に紙が吸うので丁度良かったのかもと。

実際にどうだったかは分かりませんけど(ハムスターさんに聞けないので)。

 

あと飼う時は良いんですが、子どもがお世話をする時に何が嫌になるかというと・・・。

 

もちろん、掃除ですよ掃除。

金網ケージだと洗う、乾燥その他の作業がとても大変で間違いなくお世話するのが嫌になります。
そうならないためにも水槽の方が良いんじゃないかなと。


他にも金網に手、脚が挟まってしまったり、ガジガジして金網の塗装が剥がれていたり…、剥がれた塗料は口の中…?
そんなこともありますが、やはり一番は掃除のし易さと無駄に牧草を買わなくて良いところでしょうか。

ウッドチップなんかも良いとは思うのですが、濡れたりした場所が分かりにくいので、衛生上どうなのかなとか…。

見た目はイマイチですけど、濡れたらすぐ交換できますよ古新聞なんで。
コストもお安くすみます…。

おうちに入れる寝床用には、ハンドシュレッダーした新聞紙をわしゃわしゃ…、でOKでしたよ。

確かに複数階層の飼育ケージとか、かわいいトンネルつきとかありますけど、一度ペットショップとかホームセンターに行って、これを洗う手間を考えてみると…。

掃除が一ヶ月に一回、半年に一回くらいだと大丈夫なんですけどね。

 

そんなこんなでやはり水槽押しなワタシですが… 今はハムスターさんではなく、うさぎさんが部屋にいます。

和室で走り回ってますけど、そこらじゅうに穴を開けまくってます。
予想していたより激しいので、フローリング化も視野にいれなければならないかもしれません。

 

 

スポンサードリンク