GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

煮つけばかりだと子どもウケが悪いので、今回はキスと一緒にメバルも一口サイズのフライ

スポンサードリンク

釣ったお魚はやはり食べたいし、美味しい魚を食べたいから釣りに行く…のかも?

すっかり春のイメージから初夏、梅雨に突入しつつある関西ですが、海の中ではもう少し季節の進みはゆっくり…、いや陸のそれよりも遅れると言った方が良いかもしれません。

風が冷たくて冬になっていても、海の中はまだ水温が下がっておらず夏の魚が釣れたり、陸は汗ばむ気候なのに水の中は冷たい…とか。

まあこれって実は釣れないときの言い訳にしたりするワケで…。

要は腕と運が無かったということなんですよね、釣れないってことは。

 

f:id:grapetown:20180531012309j:plain


そんなGW明け、ちょい投げでキス釣りで初夏の釣りを楽しんだ後、メバルを狙って春の釣り…と、ダブルで遊んできました。

grapetown-anex.hatenablog.jpgrapetown-anex.hatenablog.jp



スポンサードリンク
 

 

釣ったお魚は美味しく食べたいし、おかずを持って帰るのでまた釣りに行きやすい

お休みの土曜日、家のことを放りだして遊びに行き、疲れて帰り速攻で寝てしまい翌日曜日は使った釣具の整理…では、次の釣りに行く時に『また行くの~?』的な言われ方となり、それが続くとストップがかかるかもしれません。

 

そんな最悪の状況を回避するために家事手伝いはもちろんですが、やはり食べれるお魚を釣って、美味しく食べる…コレ大事です。

それと下処理から調理、後片付けまでちゃんとする…コトも重要だと最近理解しているろこです。

さて、先日のWで楽しんでお持ち帰りした『キスさん』と『メバルさん』。
キスはやはり天ぷら…メバルは刺し身、いや煮つけ…?

 

なのですが…

 

メバルさんの煮つけは冬から春に連発して飽きてこられてしまったようなので、今回はキスと一緒にフライにしてみました。

天ぷらでも良いのですが、なかなか家でサクサク、カラッと揚げるのって難しいので、うちでは失敗の少ないフライが多いのです。

で…メバルさんは27cmくらいのが1匹。

f:id:grapetown:20180603223913j:plain


キスさんは…

f:id:grapetown:20180603223935j:plain


微妙なサイズに数…。

メバルさんを3枚におろし、一口サイズにすればおかずとしてがそこそこな量になりそうだったので…
f:id:grapetown:20180603224054j:plain
黒いお皿のメバルさん、刺身で食べたくなってしまいました…。

フライはシンプルに…小麦粉まぶしから卵につけて…パン粉を振って揚げる。

以上です。

ピンクのお皿のアラは…前回同様、甘めのダシで煮てみました。

確か…
水1 酒1 しょうゆ1 みりん1

の割合で…、砂糖を適当に。
うちの場合、子どもに食べて欲しかったので少し甘目にしていましたね。

薄味の方が魚の美味しさはあるんでしょうけど、とりあえず魚が嫌いにはさせたく無かったので、濃いめにしていました。

ダシを沸騰させたら入れるのか…火にかける前から入れるのか…悩ましいところでいつも悩みます。

沸騰してから身を入れると、魚のタンパク質(だった?)が熱でかたまり、ダシの味が身に浸透せず、火にかける前から身を入れると、出しが浸み込むんでしたっけ?

あれ?

どっちでしたっけ?

と、こんな程度でも何とか晩ごはん作れるようになってますから、少しでも多く釣りに行きたいお父さん、頑張って料理、片付け、家事手伝いしましょう ^-^



スポンサードリンク

 

 

キスの鱗はペットボトルのキャップを使う!!  20年くらい前にオフ会の幹事さんに教えてもらったペットボトルのキャップで鱗を取ると簡単に

お魚の前処理で鱗を取る時、気が付いたらあちこちに飛び散っていたり、乾くたびに見つかったり…。

魚の数が増えるキスの引き釣りなど結構面倒ですし…。

そんなハナシを20年くらい前、キスの数釣りOLM(オフ会)に参加した方に話してたことがありました。

するとその方が感じさんがHPにアップしてるよ…と教えて下さったのが、ペットボトルのキャップを使って鱗をサクサクとる方法でした。

どのキャップでも良いのですが、魚の頭を左に置いた状態でペットボトルのキャップを魚に当てます。

 

f:id:grapetown:20180603230214j:plain
この時にキャップの上側を魚の頭方向にし、キャップの下側の縁をキスさんの鱗に軽く押し当て、頭方向へ動かすと…

f:id:grapetown:20180603230238j:plain

力を入れなくても…スピーディーにかつ簡単に…

f:id:grapetown:20180603230317j:plain
鱗が取れました ^^

さて、こんな裏ワザなんですが、釣り人って面倒だなって思うコト…。

こういうのって誰が一番最初か分からないですし、別に誰が考えたなんてどうでも良いと思うのです。

特許とかそんな類のモノでもないですし…

なのに…自分が最初に考えたとか…、昔から知っていた風とか…、本やネットで書いてるベテラン釣り師さんがいたんですよね。

別にこういう方法もあるよ…と普通に書けば良いし、ネットで知ってやってみたらとってもラクでした…で、良いじゃないかと思うんですけどね。

まあ他のコトでも、その釣り場は自分が一番最初に見つけたとか、釣り方を最初にやったのはオレだ的な…。

 

あ~、面倒くさっ!

 

おっと、話が違う方向に…

料理終了、アラ炊きにフライでお腹一杯。メバルのフライってある意味贅沢な食べ方かもしれないな

 

はい、完成したこの日の晩ごはん。

f:id:grapetown:20180603230854j:plain
手抜きなので生姜もネギも大根も入れておりませんが、今度は考えます。

そしてフライのほうは…

f:id:grapetown:20180603230953j:plain
左がキスフライ、右側のコロコロしたのがメバルフライ。

身はフワフワ。
あっさりしているのでタルタルソース要るなぁ…。

f:id:grapetown:20180603231130j:plain

 
という釣りに行った翌日の晩ごはん。

さて、この先はメバルさんもあと一回行くかどうか…なので、夏のお魚さんにシフト予定です。

これからはキスさんにシオ(カンパチさんのお子ちゃま)、アオオリイカは微妙ですけど、マゴチさんに楽しみにしているメッキさんの季節がもうすぐ!!

いやいや楽しみです、ホント。

 


相互読者増やせたら良いな・・・

 



スポンサードリンク