GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

メバル開幕の前に、2019年のメッキ釣りを振り返り part1

スポンサードリンク

もう12月です。
寒い冬…、と言えばいつもならそろそろメバルさんの季節。

そう、12月になったらボチボチご近所ポイントへ出撃し、寒い冬の夜、夜景を見に来たカップルの横を怪しいオッサン二人とかで、頭につけたヘッドランプの灯りを頼りにしながら、水際へ修行のように向かうのです。

そして…春までのハイシーズンに備えつつ、晩ごはんのおかず確保など嬉しい結果になったり、ただただ寒いだけという修行にもなる時も…。

 

ですけど…ここ数年は12月と言えばメッキのハイシーズンか? というくらいに良型サイズのメッキさんの数釣りで遊んでいます。
特に今年、2019年は1月末に良型が瞬間的にですが、プチ爆状態…という。

結局メバルシーズンって2月から4月一杯…の3か月しか…ということに気が付きました。


なのでもう少しメバルさんにも遊んでもらわなければ…、そのうち相手にしてもらえなさそうです。

 


スポンサードリンク

 

さて、2019年のメッキさんを振りかえりますと…
まず1月の末、新しいロッドを購入したのでその感触を確かめるため、真冬の南紀へ向かったのです。
釣れると思ってなかったのですが、無風、ポカポカ陽気、暖かい…という条件の週末、一瞬ですけどどんなルアーを投げても反応アリという真冬なのに…? という結果でした。

 

しかも水面直下のシンペンならまだしも、ポッパーに水面割って飛び出してきましたから、そりゃビックリです。

f:id:grapetown:20191208231450j:plain

水がクリアーだったのもあり、追いかけてくるメッキさんに、下から食いあげてくるメッキさんとまる見えで面白かったし、真冬に元気一杯なメッキさんと遊べて楽しかったし、驚きでした。


その後、一旦お休みとなりメバルさん狙いで冬の夜釣り修行に入ります。
そこから初夏にかけて、シオ狙いで南へ向かったりしますが、越冬した大き目メッキさんには出会えず、しかもシオのほうは…調子悪くて釣れなかったですね。

そして夏、8月は結局メッキさんには行けず本格始動は9月中旬以降。
台風とか大雨でなかなかタイミングが合わず、とりあえずお仕事帰りの夕マズメ勝負。

お手軽に楽しんできました。
ご近所ポイントでも、ポッパー、シンペン、ミノーと反応があり、かなり楽しめたし何より家に帰るのが早くて楽チンで。

f:id:grapetown:20191208232126j:plain

f:id:grapetown:20191208232133j:plain

f:id:grapetown:20191208232141j:plain

何か夕方だけで…、ポロポロと。
ひょ、ひょっとして上手くなったんか? って勘違いし始めた頃です、はい。

 



スポンサードリンク
 



そして、その翌日、北部ポイントチェックです。
2019年、数が多いというお仲間さん情報から、ならばあそこにもメッキさんはたくさんいるはず…、と過去の記憶をチェックして出撃です。

f:id:grapetown:20191208232341j:plain

f:id:grapetown:20191208232351j:plain

f:id:grapetown:20191208232358j:plain

いやいや、予想した通りで数釣り楽しめました。


この時くらいからポッパーの動かし方を小刻みポッピングのジョボ、ジョボ、ジョボッから、ロングジャークでジョボジョボッ~~~ッ!の繰り返しだと、あまり水面を意識していないメッキさんに気付いてもらえるんちゃうの? って思い始めます。


実際にやってみるとベイトを追いかけまわしていない時でも、結構ポッパーでもメッキさんを釣ることが出来始めたのもこの頃です。


紀伊半島ですが台風の影響も多少はありつつですが、それでも釣りは出来る状態で夏から秋に向かい、そのままメッキさんを追いかけ南へ向かってました。

北部、中部ではなくロケーション、人の少なさから時々南まで走り、人の居ない小場所でコソコソ遊んだり、のんびり遊んでました。

f:id:grapetown:20191208232951j:plain

f:id:grapetown:20191208232959j:plain

f:id:grapetown:20191208233009j:plain

f:id:grapetown:20191208233021j:plain

にしても・・・数は多いんですけど、サイズが小さい。
例年のお盆過ぎの平均サイズが連発・・・、でもカスミちゃんが多いので何かちょっと嬉しかったりもします。

何でしょうね、やはり釣れた時のきれいなブルーにやられてしまうんでしょうか・・・、カスミちゃんに。

f:id:grapetown:20191208231246j:plain

f:id:grapetown:20191208233231j:plain

背中の青、胸びれの黄色・・・、派手目なカスミちゃんなのです (^^)


と、ここまで夏から秋、まだまだ暑い中での釣りの振り返りです。

ここまでペンシルポッパーでの釣果が多く感じますし、一番最初に投げることも多かったです。

他には定番、Dコンタクト50、ツララトパーズ45Sとか、S.P.M.55とか・・・。
昨年の実績ルアー、Dコンパクトなどミニマムサイズミノーは出番あまり無かったです。

 

 

 

 

 

数のほうは何匹釣ったらどうかとか、何匹釣ったから分かるとか・・・、あまり興味なくって、そんなのって来年また傾向は変わるでしょうしね。

実際数年前に一番良く釣ってた、ショアーズストリーマー・・・、ほぼほぼ出番無くなってしまってます。
釣れるんですけどねぇ・・・。

 

ペンシルポッパーは何となく数投ごとにカラーローテーションしてました。
まあ気のせいかもしれませんけど、色を変えたほうがスレないかなと。

魚の目にはどう映るのか知らないですが、何となく色、明るさが大きく違う色でローテーションしてました。

マットグリーン→イカクリア→フルシルバー→コイカ・・・、そんな感じでした。

複数でポイントに入った時など、ポッパーに反応が出てくるものの、食い損なってるメッキさんが多いと、横からサクッとさらっていくお仲間さんにも恵まれ・・・、悔しい思いも何度か。

一応、そのタイミングで一番食ってくるアクション、動かす速度を気にするようにはしていた、2019年メッキシーズン前半振り返りです。

さて、part2に続きます。





スポンサードリンク