ひつじのライトゲーム釣り日記 他

メッキ、メバル、シオ…、週末は南紀・日本海・大阪湾へ

MENU

ブルーカレントⅢ74と76streamインプレ ペットボトルを吊ってベンディングカーブをチェック

ブログ記事にはアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

 

ブルーカレントⅢ74と76ストリーム、長さは変わらないロッドでも全くの別物のようです

少し前になりますが使っているロッドの曲りをチェックしたのですが、何も予定の無いお休み久しぶりにやってみようかなと思いたち、最近メインロッドとして使っている2本のブルーカレントを調べ、どの釣り方に向いているのか? や、ルアーセレクトなど釣りをどう楽しめるのか、ロッドの曲り(ベンディングカーブ)のチェックなど、あれこれ考えてみました。

 

画質粗くて74の先端が消えてしまってますが…


76の方が魚が掛かったときは余裕があります

 

その結果、長さはさほど変わらないロッドでも全くの別物だという事が良く分かったので、どちらを選択するか迷っている時の参考に少しでもなれば幸いです。

 

調べたのは、ブルーカレントⅢ 76ST、ブルーカレントⅢ 74の二本。
釣り場、釣り物や使うルアーによって使い分け、どちらもメインロッドとして使っているものです。

 


その2本の長さは約5センチの差しかありませんが、曲り具合を見ると釣り物や釣り方、場所などや使用ルアーによって使い分けすることによって、より釣りが楽しめるものだと言えそうです。

 

先に76Streamの方、後半に74の曲り具合があります。少し長くなってしまいましたが、見ていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク
 

まずはヤマガブランクス・ブルーカレントⅢ 76Streamの曲り具合を確認。実は旧タイプ、新タイプ2本持ってたりするくらい使い勝手が良いのです。

実は2本も買ってしまったくらい、使い勝手がよく価格も性能に対して良心的ですし、何よりいろんな釣りに使えるのが一番でしょうか…

 

そんな2本もあれこれやってみた事もありました。

grapetown-anex.hatenablog.jp

 

以前調べてみたロッドはこちらで、もう今は使ってないのもありますが、振り返ればこんなに重いロッドで一日トゥイッチしてたんやと驚くところでもあります

grapetown-anex.hatenablog.jp

 

 

74と76、2インチの違いですがは・・・使うルアー、魚のサイズ、釣り方によって向き不向きがありそう

 

ぶら下げたのはコチラ、600gの魚ってどのくらいなんですかね?

 

ブルーカレントⅢ 76 Streamの1代目・・・


2代目のブルーカレントⅢ 76 Stream

※アナログ的吊り下げなんで、誤差の範囲は相当大きいのでザックリ見ていただければ

 

あとペットボトルは床に置いたままで、完全には吊り下げてはいませんのでまだもう少し曲がるような気がします。



一緒と言えばそうなんですけど、グリップ先端からジョイント部分少し先あたりまで

  • 1代目の方が直線的に見えなくもない・・・。
  • 2代目のほうは軽~くカーブを描いてるような・・・。


そういったところでビシバシとトゥイッチを入れたり、ガツンとバイト直後にしっかりアワセを入れた方が良いのかなとか・・・(2代目をメインで使ってます)
2代目は微妙な曲りで向こうアワセ的になる反発は少なくて、食い込み重視な仕上がりになってるとか・・・?



良く分からんけど、違うと言えば違うし、同じと言えば同じかもしれませんが。
(どっちやねん)

 

欲を言えばもう少し軽いと取扱い的には尚ヨシなんですが、ロッド自重81gくらいなので2000番のリールだと一日キャスト、トゥイッチし続けても楽です。

 

76STで使ってる主なルアーは、Dコンタクト63、Dコンタクト50、S.P.M.75、ペンシルポッパー、クロストリガーなど大小幅広く使えています・・・。

 

 

見た目には変わらないですが、振った感覚やアクションをつけた時の感じ方は微妙に違う気もすると言えば間違いでも無さそう・・・。
アナログ的に適当に調べたら、当然この程度の結果になりますが・・・。

 

 

まあ好みとか、ルアーを動かす時のクセなんかにもよるのかな・・・と言ってしまうともう何でも良くなってしまいますが。

 

使用感ですが、普段はメッキやシオ(ショゴ)のプラグでの釣りで色んなルアーを使えています。その他に地磯でのメバル、ベイエリアでのシーバスなども充分対応可能じゃないかと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

せっかくなので、ブルーカレントⅢ74も曲げてみました

こちらは港内小型メバル、初期のメッキでDコンパクトや小型ペンシル、ポッパーで遊ぶときに使ってます

grapetown-anex.hatenablog.jp

前にまとめたところですので、こちらもよろしければどうぞ・・・
使用感などは前に書いたところですから、とりあえず画像を貼ってみます。

 

ジョイント部分の少し先から曲がってます


軽く振るだけでもティップの反発力でルアーも投げやすく、小型メバルのバイトもティップの絶妙な仕上げで上手くフッキング可能、下手な自分でも楽しめてます。

 

 

オールマイティーな1本は76stream、港湾での小型、軽量ルアーで遊ぶなら74か

結論として(私の好みもありますが)は、ブルーカレントⅢ74はジグ単アジングや、港湾部での小型ミノー、軽量ジグヘッドを使ったメバル、ガシラなどに丁度良さそうですし、釣ったことないですがハゼクラにも時々使ったりしています。

 

あと、ベイエリアの20cm以下のメッキさんが回ってる時にポッパー、ペンシルで手軽に遊ぶのに丁度良いかも。

 

76streamのほうは、小型のメッキから晩秋初冬の30cm前後が釣れる季節、50cmくらいまでのセイゴ、ハネ、チヌなら何とかなりそうですし、オールマイティーに使えるコスパの良いロッドかなと。
最初に1本持つのにも良いのかなと思います。

 

Dコンタクト63やクロストリガーにメタルジグなど、そこそこウェイトのあるルアーでもそれなりに投げれてます・・・。

 

76という長さですがキャストもしやすく、トゥイッチも普通にできます(たまにティップ気をつけないと脚元で当てたりしますが)。シマノ2000番台のリールで使用していて、重さもあまり気になりません。

 

やはり一日遊ぶのにタックルが重くて疲れると楽しさも減ってしまいますから…
(個人の感想です)

 

 

漁港内他で、南蛮浸けアジ狙いにはブルーカレント68Ⅱってのもあるんですけど、これがまたシャキッとした感じで楽しいんですよね。
しっかりアワせないとフッキングしないしで、しっかり釣った感があるロッドでおすすめなのです。

grapetown-anex.hatenablog.jp


こちらにブルーカレント68Ⅱをチェックした画像があります。