grapetown's daiary

GRAPETOWN'S DIARY 2nd

釣り、おでかけ、アウトドア、旅などの雑記ブログです

感想十津川警部はやはり渡瀬恒彦・・・亀さんは・・・どうなんだろ

スポンサードリンク

十津川警部シリーズ、新コンビ最初の放送の録画をやっと観た感想は


十津川警部シリーズはやはり鉄道系ネタでないと・・・

f:id:grapetown:20170131233833j:plain

中途半端にそっくりさんが犯人とか・・・、普通にシンプルに鉄道ネタの事件を追っかけて欲しかったなぁ・・・。
キャストが変わって最初なんで、気合い入れたのか分からないけど逆効果だったような気もしますね。

西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ 「伊豆・下田殺人ルート」|TBSテレビ:月曜名作劇場

www.tbs.co.jp

正直な感想は・・・ちょっと残念な感じです。
十津川警部シリーズの内容としては、いろいろ凝ったほうだったと思いますが、設定がむちゃくちゃな気がしますし、二時間のドラマにするには無理が。


十津川さんのそっくりさんが犯行に及ぶとか・・・、もう少しシンプルな方が良かった気がしました。

スポンサードリンク
 


どうみても科捜研の土門さんにしか・・・見えんぞ

刑事役って、個性が大事だとは思うんですけどね・・・、共演した同じ部署の刑事さんの役の方々もちょっと残念な・・・?

 

さて、今回から渡瀬恒彦さんから内藤剛志さんになった十津川警部、そして亀さんは石丸謙二郎さんに。

浅見光彦役でもそうですけど、見慣れてしまうとキャストが変わるとどうしても違和感を感じますけど、今回の変更はどうなんでしょ?


私的には全然ダメだったんですけどね。

もちろん亀井さん役も伊藤四朗さんがとってもあってたように見ていましたから、慣れてくるとそんなものかもしれませんけどね。

しかし、内藤さんの演技何とかならんのかな・・・。
科捜研の土門さん役、初期の科捜研のプロファイラーの人の役・・・、どれも一緒に見えてしまいます。


十津川警部のらしいところ(自分が勝手に思ってます)

何がダメなんだろうと考えたのですが・・・。
たぶんですけど、十津川警部が捜査の間、頭の中がモヤモヤした中からふと思ったり、ひらめいたりした時の表情や、亀さんに打ち明けるその表現、強くもなく弱くもない、何となく独り言のように会話するような・・・、そんなところが全く感じられなかったのがとっても残念。

 

やはり、科捜研の土門刑事の硬い話し方というか、何となくセリフ棒読みで良い演じ方の可能なキャラクターしか難しいのかも。


何だろう、微妙な表現、硬かったり柔らかかったり・・・、優しいようで、厳しい・・・。
そんな演技が必要な十津川警部役、ちょっと今後どうなっていくのか。

他の共演者の演技もどうもイマイチな感じがしましたし。

 

と、大きなお世話ですね。

でも、テレビのドラマってこういうあーだこうだという楽しみ方が一番だと思うのですが、いかがでしょう?

スポンサードリンク